12月9日(日)に、第1回ブランドメッセージワークショップを行います。
今回は、「大多喜町といえば」から連想される言葉について、大多喜町ならではの文化や、普段の生活の何気ない習慣、エピソードを深く考察し、それぞれなぜそのような言葉が浮かんだのか、できるだけ深く考察します。

参加者が自由に発言をし、全員でそれを共有する「ワールドカフェ」と呼ばれる形式を採る予定です。
明確な一つの答えにまとめるのではなく、全員の意見や感想を、全員が納得できるような形で共有することを目指します。

対象は大多喜町に関係する方で、年齢や現住所は問いません。
会場は、丘の上バラ園レストランアンジェリカです。
バラの風景を眺めながら、自由に意見交換をしませんか?
多くの方のご参加をお待ちしています。

日時
12月9日(日)
13時30分開始、15時30分終了予定

場所
丘の上バラ園 レストランアンジェリカ
詳しくはこちらをご覧ください

内容
「大多喜町といえば」から連想される言葉について、大多喜町ならではの文化や、普段の生活の何気ない習慣、エピソードを深く考察し、それぞれなぜそのような言葉が浮かんだのか、できるだけ深く考察するワークショップ

参加料金
無料

対象者
大多喜町に在住、通勤、通学されている方
現住所は問いません

定員
15名

参加方法
電話(0470-82-2112)、FAX(0470-82-4461)、メール(kikaku@town.otaki.lg.jp)にてお名前、住所、メールアドレス若しくは電話番号をご連絡ください(当日参加も可能です)